マンションリフォーム解体

桜が咲いてきましたね~。

歩くのが気持ち良い季節になってきました。

 

さて前回からの続きです!

マンションの解体模様をお届けしたいと思います。

 

スケルトンにするため、全てを解体していきます。↓

現場はホコリまみれになりますが解体作業をしている皆さんは

本当にすごいです(^^;)テキパキと進んでいきます。

マンション リフォーム 解体 渕野辺

実際の梁や柱が見えてきます。↓

配線などぶら下がっていますが、撤去して良いものと、

してはいけないものがあるので注意して進めます。

マンション リフォーム 解体 渕野辺

床や下地もはがしていきます。

床下のスペースがどれくらいあるのかも見えてきます。

マンション リフォーム 解体 渕野辺

スケルトンになったところで採寸をします。

スケルトン 躯体 マンション 解体 渕野辺 リフォーム

解体が終わると大工さんが現場に材料を入れ、

大工工事がスタートします!

 

 

TWOTHIRDS
すまいをしゅみにしませんか
1日を3分の2を過ごす空間を
デザインリフォーム

 

 

マンションリフォーム

こんにちは~。

すっかりご無沙汰してしまいました。

あっという間に3月も下旬。梅の花も散り始めていますね。

少しずつ気候も暖かくなり過ごしやすくなっていますが、くしゃみが止まりません。。(^^;)

 

さて、前回は戸建てのリフォームを解体から完成までお届けしましたが、

今回はマンションのリフォームをお届けしたいと思います。

築30年ほどのマンションのフルリフォームです。

 

リフォーム前の玄関↓

渕野辺 マンション リフォーム 玄関

 

リフォーム前のDK↓

渕野辺 マンション リフォーム 

キッチン、ユニットバス、トイレ、洗面の設備を新しくすると共に

間取りの変更を行うため、全てを解体します。

次回は解体の模様からお届けしたいと思います!

 

すまいをしゅみにしませんか
1日を3分の2を過ごす空間を
デザインリフォーム
 

 

 

 

 

 

 

不思議風邪

先日原因不明の高熱が発症し、まったく動けなくなるという状態になりました。

体調を崩し始めた日は、ただの風邪だと思っていたのです。

市販の風邪薬を飲んで、体温計で計った所・・・

34.3度!壊れてました(笑)なのでこの日は諦めてさっさと眠り翌日もお仕事。

 

2日目も朝から熱っぽいながら、夕方くらいまで仕事をして少し早めに帰宅。

途中ドラッグストアで体温計を買い、計った所39超えてました!

これはまずいって事で近所の病院へ。

時期的にもインフルエンザを疑ったのですが、検査の結果陰性との事でした。

 

3日目は朝から体調は最悪。なんとかかんとか過ごしたものの、

午後8時に約束があったため帰るに帰れず、帰宅できたのは午後9時。

 

動悸が激しく何もしないでも息が切れ、意識も朦朧としていました。。あれは辛かった。

自宅のリビングに倒れ込み体温測定! これがまさかの40ぴったり! 

時間も遅かったのですがメディカルクリニックにタクシーで運ばれて、再度インフルエンザの検査。

しかしやはり陰性。救急なので検査とかが出来ず、この時は完全な無駄足に終わりました。

 

 

4日目はさすがにお休みを頂き、朝から相模原中央病院に行きました。

ここで、血液、尿、胸部レントゲン、CT、超音波、と色々検査したのですが、

お医者さんの診断結果は「風邪ですね」で終了。

知ってる! 風邪なのは知ってるよ! そして風邪って病名じゃないよね!

ってなったのですが、いったい何が原因でどんな病気なのかがさっぱりわからないそうです。

5日目は薬を変えて経過を見てもらいましたが、診断は変わらず。

とりあえず薬を飲んで安静にして下さい、との事。

 

現実問題として何が辛いかというと、薬が全く効かないんです。

なんのウィルスが悪さしてるかわからないので、抗生物質を飲んでも効果が出ません。

不思議な事に解熱剤も全く効きません。なので、39.5度~最大40.3度の熱が引いてくれないんですね。

それが3日目の夜から6日目の夜までの丸々3日間続きました。

 

7日目の朝は熱も38度前後まで落ち着いたので出社。

その後は急激に回復し、8日目にはすっかり元気になりました。

医者に原因がわからないと断言されて薬が効かないってのはけっこう怖いです。

それもそこそこの高熱だったので。

 

まぁ自他ともに認める相模原ワーキングプアー代表の身からしてみると、

終わってみて何が一番辛かったかというと3万円近い出費が何よりも痛かったです(涙)

 

 
TWOTHIRDS
すまいをしゅみにしませんか
1日を3分の2を過ごす空間を
デザインリフォーム